トライリンガルへの道 ~時々、ワンコ

13歳の娘、学校で英語、馬場で中国語、家で日本語… この先どうなる!?

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使える おもちゃ

育児ブログ? らしく 今日は 使える おもちゃ の紹介 をします

おもちゃは ちまたに 数多く あふれているけれど
どれが 良いおもちゃなのか、はたまた 自分の子供は どれを気に入るのか、

子供自ら 主張するようになっても
今度は 親が それを気に入るとは 限らず・・・

   親の悩みは 尽きません

日々 新しいソフトが登場する ゲーム業界には かないませんが
シンプルなものも 意外に 長持ちするんです

今日 紹介するのは コレ ↓

おもちゃ1

河合楽器のハンドベル 「メロディーベル

          定価3,600円。 問屋さんで 2,340円で 購入

   もしかしたら、同じ楽器メーカーの ヤマハも販売してるかもしれませんね?

おもちゃ2

内容は、低い「ド」 から 高い「ド」 までの 8本セット
さすが 楽器メーカーだけあって、おもちゃのわりには 良い音色が キンコンカ~ン

さて、子供は これを使って どうやって遊ぶのか?

実は、私も 「目からウロコ 」 だったんです

 元々、買った理由は 安売り していて、
 転勤族の我が家にとって コンパクトな楽器は 魅力的
 なくても 困らないけど、あったら 何かに使えるかも!? 程度のこと・・・

クリスマス で 家に遊びに来ていた子供たちに
「これで遊ぶ?」 って 軽い気持ちで 渡してみたんです

小学校低学年の女の子3人+娘を含め 幼稚園児4人(男の子含む)

お姉ちゃんたちは 俄然 はりきり始めました
うち、2人は ピアノや バイオリンを 習っていたこともあって
何を演奏しようか、ワクワクです

ところが、娘を含め 幼稚園児は 音符が 読めません

それに気付いた お姉ちゃんたちは、カタカナで メロディーを 書きます

残念なことに、幼稚園児の中には カタカナを読めない子もいます

困った お姉ちゃんたち、楽譜ナシで 幼稚園児に覚えさせようとします
・・・けれど なかなか うまくいきません

ここで エライなーって 感心したのは
誰1人として 「じゃ、見てて」 や 「やりたくない」 とか 言わないんです
大人が 介入していれば もしかしたら お互いの不満を 親にぶつけたかもしれません
たまたま 子供たちに 任せていたんですが
「コンサートを開くから 後で 見てね!」 と 言ったきり 奥の部屋から出てきません

ついに お姉ちゃんたちは 気付く んです
音符によって ベルの色が違う ことを

そこで、お姉ちゃんたちは クレヨンを 持ってきて
さっき 書いた カタカナの字に ベルの音符の色をつけて
自分たちの オリジナル楽譜 を 完成させたのです


 これは ↓ 娘の誕生日会の時の コンサートの様子
おもちゃ3
            音楽モノなので ビデオが多くて 写真が少ない


小さな子は 自分の出番が来るまで ドキドキ です
お姉ちゃんの演奏をのぞきこむ まなざしは 真剣 そのもの!

上手に鳴らせたら 嬉しくって嬉しくって
意外意外にも 男の子だって キラキラな瞳で 演奏するんです


ベルを 1つだけ持つ子は 出番の多い音、2つ持つ子は 出番の少なめの音
誰かが 遅れても 怒らない
小さな子は できるなら2つでもいいけど できない時は1つだけベルを持つ
メロディーを覚えたら 小さな子にも 難しいパートを 挑戦させてあげる

・・・どれも 子供たち自身で 決めたルール

1曲練習しては 「見て見て~」 と 嬉しそうに 親の前で並んで 演奏
成功すると また 楽屋? に引っこんで 練習~ そして 発表 のくり返し
コンサートは いつまでも 続きます


このメロディーベル ひなまつり、誰かの誕生日、クリスマス・・・
親が 子供たちのためにパーティを 開く時は 大活躍 してくれました



↓↓↓ 応援クリックお願いします。お好きなバナー押してくださいネ
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへにほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
          ありがとうございました あひる Have a good day !! 
スポンサーサイト

Comment

 

ステキー☆
そして感動!!(><)

『子供たち自身で決めたルール』、ステキ過ぎる~。

一見、ケンカになりそーな感じもするのに、
自分たちでそんなにちゃんとルールを決めて演奏するなんて。

いいハナシを聞いてホクホクしました~o(*´∇`*)o
  • posted by まいまい 
  • URL 
  • 2010.12/03 16:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

こんばんは!

小さな子供達、お姉ちゃんたちに一生懸命ついて行って
微笑ましいですね!
一曲弾いてはお部屋に~、
幼い頃の娘を思い出しました!

子供達には、子供なりのルールがあるんですね!
こうして一歩づつ成長して

子供ってほんとに純粋で、心洗われました!
  • posted by ベルママ 
  • URL 
  • 2010.12/03 18:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

★ベルベルさん★

このお話、ちょっと感動しました!私、昔ながら人間で、子供がゲームとか携帯とかやってるの、ちょっと反対なんです・・・そんなんじゃ現代社会渡れなさそうですが。。。
電子機器じゃないおもちゃで、こんなにお子さんたちが自分で考えて演奏までしちゃうなんてすごいですね^^動画で演奏を聞きたいです♪
  • posted by RIAMOUR 
  • URL 
  • 2010.12/03 18:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

なんだか感動してジーンとしちゃいました(>_<)
子供ってすごいですね。自分達でルールを決めて演奏して。。。
短時間で子供の成長が垣間見える瞬間ですね~。
そんなお子さんを育てたベルベルさん達、尊敬しちゃいます☆
もし私に子供ができたらすぐにあれこれ口を出してしまいそうだけど、
この話を知っていたらジッと我慢できそうです。

↓マロンたんのトリミング、ショックですねv-12
耳の飾り毛があるのとないのではかなり雰囲気変わりますもんね~。
さすが大陸を渡り歩いたベルベルさん!
飾り毛を切られちゃったらタダにしてもらわないとね。
でもマロンたん、スッキリしてかわいいですよ♪
  • posted by さつき 
  • URL 
  • 2010.12/03 21:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

reply 

まいまいさんへ

 ホクホクしていただいて 光栄です
 でも、狙ったわけでもなくて・・・ 意外に こういうネタに
 みなさん 気に入ってくださるようで こちらがビックリでした

 子供は ルールを決める天才ですね
 「みんな同じ」 じゃなくていいんだって、大人が勉強になりました


ベルママさんへ

 子供は 子供なりに 色々と考えてるんですよねー
 子供同士だけで解決させる方が うまくいくんだ、って
 親の私が 開眼した 出来事でした
 これからも 少しづつ 成長してもらいたいものです


RIAMOURさんへ

 イマドキな感じの RIAMOURUさんも
 子供らしさを重要視してくれるなんて 嬉しいです♪
 私も できるだけ 電池のいらない(笑)おもちゃで遊んでほしいと
 思ってるんだけど・・・子供同士の「付き合い」もあるらしく
 難しい問題ですねー・・・
 でも、どっちも大切なのかもしれないねー


さつきさんへ

 いえいえ、私も1人だったら 口出ししてるんですが
 他のお母さんもいらっしゃったし、様子見ることにしたんです

 一人っ子の母親は(特に私は)、あれこれ口出ししちゃってダメですねー
 さつきさんも 頑張って 「ジッと我慢」してみてね~

  • posted by ベルベル 
  • URL 
  • 2010.12/04 22:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

ステキ♪ 

ハンドベル、素敵ですね~♪
私もおもちゃ屋さんで見て、欲しいと思ったことあるわぁ♪
(子供がまだ小さいので買わなかったの)

子供たちに任せて、子供たちが自分で作ったルールで演奏するなんて、驚きです。
リーダー格のお姉ちゃんが特に協調性がある子だったのでしょうね。
家の子たちもそんな風に育ってくれたら嬉しいなぁ。

うちも下の子がもう少し大きくなったら、買ってみよう思います♪
もうすぐ、Merry Christmasv-354
  • posted by きらきら瞳 
  • URL 
  • 2010.12/06 13:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

reply 

きらきら瞳さんへ

 ハンドベルの良いところは、1人~8人まで 自由に遊べるとこです
 でも、ルール作りは、ハンドベルに限らず、どんな状況でも
 子供たちは作れると思うんです
 リーダー格とか、協調性とか、あってもなくても、
 不思議と 子供同士だと 暗黙の了解を作る天才だと思うんです
 ちょっとしたこと、例えば、お菓子を小さい子から選ぶ、食べる、とか
 そういうのも、立派なルールだと思うんです

 日本では、みんな同じ、みんな平等、ばっかり教えますが
 同じじゃない時、平等にできない時、どうするのか?
 元々 子供は知ってるのに、なぜか、忘れさせる方向に
 向かっているような気がしてなりません

  • posted by ベルベル 
  • URL 
  • 2010.12/07 09:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ベルベル

Author:ベルベル
    ♪ ♪ ♪
中華圏に駐在すること
      10年目・・・
夫と 13歳の娘と
2009年11月28日生 の
 ヨーキー・マロンと
元気に暮らしています♪

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

ランキング(ブログ村)

応援ポチ お願いします にほんブログ村 ライフスタイルブログ 三人暮らしへにほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへにほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ        お好きなジャンルをクリックしてね          ありがとうございました あひる     Have a good day !! 

最新記事

メールフォーム

お気軽にメール下さいね

名前:
メール:
件名:
本文:

管理者のみ 読ませて    いただきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。